魅力的な住宅

注文住宅を提供する会社にはどのような会社があるのか

住宅を購入する際にはすでに完成した住宅を購入する方法と住宅を一から設計して建築する方法があります。この中でも一から設計して建築する方法を注文住宅といいます。注文住宅を提供している建築会社にはハウスメーカーや設計事務所、工務店などがあります。すべて注文住宅を提供していますが種類によって多少特徴が異なります。 注文住宅といってもすべての建築会社で自由に間取りや仕様を決定することができるわけではありません。もちろんどの建築会社で設計するにしろ建築基準法などの満たすべき法律を順守することは最低条件です。このほかに会社によって会社独自のルールやマニュアルがありこの決まりにのっとって住宅が設計されるのです。

会社による業務形態の違い

注文住宅を提供する会社の中でも設計事務所は比較的自由に間取りを考えることができます。設計事務所の場合建築士など専門的な資格を持っているか専門知識に長けている人がパースを考えたり設計を行います。 一方でハウスメーカーではもちろん最終的な設計は建築士の資格を持った人の責任の下行われますが、実際に設計業務を担当している人の中には建築士の資格を持たずして業務を行っている人も多いのです。もちろんこうした人も違法に業務を行っているわけではありませんのでそこは心配する必要はありません。更には間取りなどを考える人が資金関係などほかの業務も兼務している会社も少なくありません。ハウスメーカーのほうが設計事務所と比較するとより業務的といえます。 このように会社の種類によっても特徴があるのでただ注文住宅を提供しているというだけでなく会社をよく知ってから建築会社を訪れたり住宅展示場を訪れるべきなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2015 自分が住みたいと感じる家を見つけよう{何が重要なのか考える} All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com