タイミングを逃さない

相場は地域によって変わってくる

住宅の相場は、地域によっても大きく変わってきますが、平均すると2000万円から3000万円といったところに集中しているようです。もちろん、坪単価の高い東京や都心のほうでは高くなるのは当たり前です。 住宅建築にかかる費用は、建物費用、土地費用そのほかにもいろいろな費用がかかってきます。家は建てたらおしまいではなく、その後も固定資産税やメンテナンス費用がかかってくるのです。 住宅ローンは、返せる金額がぎりぎりというところで組んでしまうと、あとから大変な思いをしてしまいます。 余裕を持って返済計画をしていないと、せっかくかったマイホームが心の負担になってしまうので、住宅を購入するときは無理をしないということを心にとどめておきましょう。

住宅会社の意見にまどわされないで自分のタイミングで

住宅を購入すると考えた時、住宅展示場やモデルハウスをいろいろいろと見学することでしょう。住宅展示場は、お客さんに魅力的に映るように工夫されています。できれば、住宅展示場の他にも実際にその住宅会社で建てたモデルハウスなどを見学すると、現実感がわくのでおすすめです。 また、家の良さは見た目だけでは分からないもの、という考えから、住宅展示場に宿泊体験ができるサービス、または、実際に住んでいる人の意見を聞けるツアーなどを用意している会社もあるようです。 住宅について様々な角度から知ってもらおうと、いろいろな催しもされているようです。無料で利用できる物も多くあるので、利用できる物は利用しましょう。 営業マンは今が建てどき、と急ぐようなことをすすめますが、家はじっくりと検討して、資金も心にも余裕ができて、いいと思った時期に建てるのが一番です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2015 自分が住みたいと感じる家を見つけよう{何が重要なのか考える} All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com