相場を考える

相場は情報源によって大きく変動します

注文住宅を建築する際には数千万単位のお金が必要になります。まだマイホームについて何も情報収集もしていないけれど漠然とマイホームが欲しいなと考えている段階において注文住宅の相場を知ることで今後の計画を立てることができます。そういった意味では相場も意味のあるものといえます。しかし相場を調べて気づいた人も多いと思いますが、調べる情報源によってその金額が数十万、場合によっては数百万円単位で異なっているのではないでしょうか。住宅を建築するのにかかった総額でいくらという相場が出ていてもたとえば家の大きさが異なれば価格も大きく変わります。住宅を建てるためにはしっかりと強固な地盤が必要です。強固な地盤に改良するための工事に数百万円かかったケースと全くかからなかったケースでは家そのものにかかった費用も変わってきます。 ですから相場を知っても計画を立てる段階でのある程度の参考にはなっても自宅の建築が妥当な金額かどうかを判断する材料にはならないのです。

小さい額でもかかる費用はしっかりと見積もりに入れてもらう

注文住宅の場合使用する材料や設備のグレードによっても大きく金額が変動します。上を見ればきりがありません。ローンを組む場合も現金で支払う場合も総額でいくら支払えるのかを明確にしたうえで住宅を建築する必要があります。とはいえ住宅を建築するには建物以外のお金もかかります。そういったところにどの程度のお金がかかるのかを知らないことには建物本体にかけられるお金を算出することはできないのです。 特に多くの注文住宅を提供する建築会社で見積書に載っていないお金を請求されることもあるのです。そのお金がたとえ数百円でも数千円でもそうしたことが頻繁にある場合には結果として負担になってしまうので住宅を建築する際には信頼できる建築会社に出会い細かなところまで見積書に載せてもらうことが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright(c) 2015 自分が住みたいと感じる家を見つけよう{何が重要なのか考える} All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com